サックスに向いている人の性格とは?種類ごとに解説

サックスは吹奏楽部で多くの人々に愛される楽器です。アルトサックス、テナーサックス、バリトンサックスなどの種類がありますが、それぞれに向いている人はどのような性格をしているのでしょうか?

アルトサックスに向いている人の性格

アルトサックスは目立つ楽器です。そのため、自然と目立ちたがる性格が集まります。人前での演奏が多いアルトは、目立ちたいという欲求を持つ人に向いています。さらに、アルトの音色には独特の魅力があります。その音色を最大限に活かすには集中力と継続力が必要です。アルトには目立ちたいという欲求だけでなく、何かに対する強いこだわりを持つ人が向いています。

テナーサックスに向いている人の性格

テナーは伴奏が多く、ソロもある楽器です。そのため、協調性がありながらも独自性を持つことができる人が向いています。また、テナーの音色は肉厚で男性的であり、色気も感じられます。このような特性から、自分自身に自信を持ちつつも周囲に対して気配りができる人がテナーに向いています。

バリトンサックスに向いている人の性格

バリトンは低音部での支えが主な役割です。そのため、チームでの協調性や支えることが好きな人が向いています。また、バリトンは物理的に大きく重たい楽器なので、それに耐えうるだけの体力も必要です。陰で確実に支える力持ちがバリトンには求められます。

まとめ

サックスは一見同じ楽器でも、アルト、テナー、バリトンといった各種類によって向いている性格が異なります。アルトは目立ちたいと思う人、テナーは協調性と独自性を併せ持つ人、バリトンは支えることが得意な人がそれぞれ向いています。このように、サックスと性格は密接な関係にあります。各自が自分に合った楽器を見つけることで、より楽しく、そして上達も早くなるでしょう。

投稿者 cherry