バイオリンを上手に弾くためには?初心者におすすめの練習方法を4つ紹介

バイオリンを上手に弾くためには正確な練習が必要です。初心者が練習で一番避けたいのは「悪い癖」。正しいフォームで練習を始め、その後も積極的に取り組むことが重要です。本記事では、初心者におすすめのバイオリン練習方法を4つ紹介します。

弓の基礎練習

弓の操作はバイオリンの美しい音色に不可欠です。まずは、弓を弓元・弓中・弓先の3つに分け、それぞれで練習をしてみてください。進行が順調なら、全弓練習も挑戦してみてください。

弓の圧力も重要です。多くの初心者は圧力が弱く、音が拍子抜けしてしまいます。遠慮せず、しっかりと弓に力を入れてみてください。

左手の基礎練習

左手の練習は旋律の生成に必要です。人差し指から小指までの指を使い、指板に力強く押さえる練習が基本です。この練習をしっかり行うことで、複雑な楽曲も難なく演奏できるようになります。

楽曲練習

基礎練習が一定レベルに達したら、楽曲練習も始めてみましょう。簡単な楽曲を始め、少しずつレベルを上げていくことで、演奏の楽しさも倍増します。正しいフォームやテンポ、綺麗な音色を意識しながら練習することが肝心です。

鏡を使った練習

「悪い癖」は一度ついてしまうと修正が難しいです。そのため、鏡を使って練習することをおすすめします。鏡を見ながら、正しい姿勢や手の形をチェックしてみましょう。

まとめ

バイオリンの練習は慎重かつ継続的に行うことが成功の秘訣です。弓の操作、左手の動き、楽曲練習、そして自分自身のフォームをチェックするための鏡を使った練習。これら4つの方法を用いて、効果的にバイオリンのスキルを高めてください

投稿者 cherry