ギターのスライドとは?基礎知識とコツを解説

今回は、ギターのテクニック「スライド」の基本とそのコツについて解説します。

スライドとは?

スライドとは、文字通り弦を「スライド」することで異なる音程へと移動する技法です。通常、異なる音を出すには新しいフレット位置で弦を押さえ直しますが、スライドでは指を滑らせることで、一つの弾き始めから次の音へと連続的に移動します。これにより、滑らかに音程を変えることが出来ます。

スライドの基本

スライドを行う際、最初の音から目的の音まで、弦を押さえ続けることが大切です。これにより、音が途切れることなく、スムーズな移動が実現します。また、目的の音に正確に到達することも重要です。これは、特に初心者にとっては難しいスキルかもしれませんが、練習を積むことで自然と身についてきます。

初心者におすすめのスライドのコツ

  1. 音が途切れないように: スライド中も弦をしっかりと押さえ続けましょう。これにより、音がクリアで持続的に響きます。
  2. 狙った音で止まる: スライドの終点で正確な音を出すことは、メロディのクリアさを保ちます。これは練習を重ねることで向上します。
  3. 目線は移動先に: スライドする際、移動先のフレットを見ることで、正確な位置に指を移動させることができます。

スライドの練習法

まずは、シンプルなメロディを選んで、スライドを取り入れてみましょう。初めは、一つの音から次の音への小さな移動から始め、徐々に距離を増やしていくと良いでしょう。また、スローテンポから始め、徐々にテンポを上げていくことで、正確なスライドを身につけることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。スライドは、ギター演奏の豊かな表現を可能にします。初心者の方も、この記事を参考に基本を押さえ、コツを掴み、スライドを楽しんでみてください。

投稿者 cherry